リアルコマース スタッフブログ

Real Commerce株式会社スタッフブログ

CLOSE

makeshopのSP版、カテゴリーページと商品詳細ページでカテゴリーごとに表示を変える方法

PC版ではカテゴリー毎にカテゴリーページや商品ページを作成でき、またカテゴリーページではカテゴリー識別コードを利用することで、特定のカテゴリーにだけ表示する内容を作成することができました。
しかし、SP版ではヘルプに表記があるものの、なかなか上手に実装出来ないサイトが沢山ありますので実装方法をご紹介します。

基本操作

任意のカテゴリー識別コードを利用して条件分岐を行います。

カテゴリー画像の挿入

<{if $category.code == 'ct40'}>
      <img src="" alt="">
<{/if}>

この例ではカテゴリ識別コードct40の時にだけ、画像を表示しています。

親カテゴリーに関しては、既に独自コード<{$category.image_url}>が用意されてありますので、そちらをご利用ください。使い方は以下の通りです。

<img src="<{$category.image_url}>" alt="">

特定のカテゴリーのみ特別なデザインを実装

先ほどの基本操作を踏まえ、特定のカテゴリのみに対応させるデザインは以下のようになります。

<{$if category.code == 'ct40'}>
// ct40の場合の処理
<{else}>
// それ以外の処理
<{/if}>

この操作をPC版で行う場合は、以下のようになります

[IF_CATEGORY_CODE_ct40]
// ここにct40に対応させるデザインを挿入
[ENDIF_CATEGORY_CODE]

この記事をシェアする