リアルコマース スタッフブログ

Real Commerce株式会社スタッフブログ

CLOSE

makeshopのドキュメントタイプについて

makeshopはhtml4で記述する

makeshopではhtml4の決まりに従ってhtmlを書くことになっています。html5に代わってしまった今、html4を利用するケースは稀ですが、PC版ではまだhtml4での記述が必須となっていますので、ご注意ください。

Document typeの確認

makeshopで作成したサイトのソースを確認すると、1行目にこのような表示があります。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" 
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

これは、Document typeというもので、これから書かれるhtmlはそのDocument typeの内容に従って書くという宣言になります。
今は殆どのサイトをhtml5によって作成しますが、makeshopではhtml4を利用することになっていますので、ご注意ください。

html4とhtml5の違い

htmlを記述する上でsectionやfigure、figcaptionなど利用できないタグがありますが、作法にはあまり違いがありません。
imgタグやbrタグなどの書き方にはご注意ください。

 

 

この記事をシェアする